Q&A
 
 
Q. 文化連盟の活動経費はどう確保しているのですか。
A. 活動経費は、りそな銀行から寄贈された文化振興基金によるものです。
 
Q. 各都道府県では高等学校の文化連盟に加入している例が多いと思われますが、そうしたこととの関連はどう調整したらよいのでしょうか。
A. これまでの各地域における文化活動はできるだけ大事に継続してほしいと考えます。その上で本連盟の下部組織としての組織づくりや活動を検討していただきたいと考えています。
 
Q. 文部科学省等関係省庁や関係団体との連携はどうなっていますか。
A. 第1回目の文化祭実施に当たっては、文部省と東京都教育委員会、りそな銀行に後援を依頼しました。国立教育会館には共催団体になってもらいました。現在、文部科学省、東京都教育委員会、りそな銀行、全国特別支援教育推進連盟他多くの後援をいただいて文化祭を開催しています。
 
Q. 今後、どのように発展・充実させていく見通しですか。
A.

造形・美術部門の展覧会でスタートし、第4回から写真・書道部門の展覧会を開催して拡充を図ってきました。第10回から展示及び表彰式に代え、全国特別支援学校長会作成のカレンダーに最優秀賞(文化連盟会長賞、りそな銀行賞等)入賞作品を掲載し、全国の特別支援学校や関係機関に配布しています。
さらに、独立行政法人国立特別支援教育総合研究所ホームページ「障害のある子供のためのインターネットギャラリー」に掲載しています。
また、第14回から、りそな銀行(東京本社及び大阪本社)において、造形美術・写真・書道部門の文化連盟会長賞及びりそな銀行賞作品の展示を行っています。